今日は時代まつり 2016年10月22日

今日の京都は時代まつりが行われました

約2千人による行列、平安神宮を出発し京都御所へ

しかし正直今日初めて知ったことが有ったんです

京都の三大祭りといえば葵祭に祇園祭とこの時代まつり

五穀豊穣を願う葵祭と、疫病退散を願った祇園祭、そして収穫を祝って行われたのがこの時代まつりだと勝手に思っていたんです

聞いて納得したのですが、時代まつりはどちらかというと仮装パレードですよね

明治28年に始まったということなのですが、平安神宮も新しいものですからね

これも納得です

ハロウィンの様なものではなく、市民が参加する時代衣装の仮装行列

それだけ京都が昔から都だったということをアピールする狙いがあったんでしょうね

関西のテレビ番組でも時代まつりは取り上げられるけれどさらっとしたもの

実のところこういう理由があったようです

なぜ三大祭りの一つに入っているのか?不思議ですけど日本人は3ということが好きだからでしょうね

ちょっと時代まつりを見る目が変わってしまいました

自分の子供がいじめを受けて引きこもりになってしまった・・・

何度話しかけようとしても自分の部屋から出てこない・・・

いじめが原因で自殺してしまう子供もいる、最近はこんなことも多いのかも知れません

自分の大事な子供、なんとかして普通の生活を送らせてやりたいと思うのは親の当り前の思い

かといって何をどうしたら子供の引きこもりが治るのかわからないという人も多いのではないでしょうか

認定NPO法人という肩書を持つニュースタート事務局は、そいう親たちを助けてくれるところです

無料相談も用意されているので、困っているんだたらまずは電話すべきですね

引きこもり 支援に関してはこれまでの経験から言ってもスペシャリスト

大事な子供、しっかり救ってくれるはずです

毛虫に悩み、和歌山で害虫駆除を頼んでみる 2016年10月1日

何だか家の周りで最近、毛虫を見かける機会が増えたのですが、私は苦手でした。
あまり好む人はいないと思いますが、最初は少し見かけるだけでしたが、増えた。
そう感じて両親に聞きましたが、そう言えば増えた、という意見だったのでした。
さすがに部屋の中にはいないですが、いい加減限界を感じたのは、会社に行く時。
木の近くを通ったら、毛虫が背中に落ちてきたので、悲鳴ものでビックリでした。
早速家に戻って、両親に伝えて、これは問題ということになり、業者かなとなる。
さすがにここまで、毛虫に悩み、和歌山で害虫駆除を頼んでみるという話でした。
どこがいいかと思ったら「害虫駆除王」に頼んだらどうか、そんな話が出ました。
ネットで調べてみても、良心的な感じで、追加料金も取られないと書いてあった。
後は対応次第で決めようと思い、和歌山で害虫駆除を頼むのは初めての体験です。
実家でしたが、家から離れていたので、実家方面に転勤になってから初めてです。
両親に聞いてみたら、対応によっては早速お願いしようということになりました。
業者と両親で相談して日付を決めるとのことで、後は任せておこうかなとは思う。
早めに予約は取れるとのことなので、早いと助かると感じて予約日を待ってます。